みんなが楽しめる会に

パーティー

基本の心得

友人や知人など、結婚式の二次会の幹事を頼まれて、さてどうしようかと考えている人も多いかと思います。ここでは、はじめて幹事を任された人向けに、相場や費用、準備するものなど、基本的なことについて紹介します。まず、一般的に二次会の幹事は、結婚式の2〜3か月前から準備をはじめます。幹事に選ばれた人たち全員で、集まる機会を設けて話し合いを行うのが理想的です。そこで、招待人数や費用、会場やそれぞれの役割分担について話し合いを行います。このときに、話し合ったことをメモできるように、筆記用具を持参すると良いでしょう。ちなみに、一般的な結婚式の二次会にかかる費用は、一人あたり5000円程度ですが、主役となる二人の意見を取り入れるのが良いでしょう。例えば、会費だけですべてをまかないたい、少し自分たちが負担をしても良いので、料理や備後の景品を豪華にしたいなど、それぞれの考えを聞いてみると良いでしょう。また、式場によって、人数が多くなると割引サービスをうけられたり、料理の品数を増やしてもらえたりという特典がある場合も多いので、そのあたりも確認するとお得です。最後に、結婚式の二次会で準備したいものには、招待状やケーキ、プチギフトやビンゴの景品などがあります。時間や保管場所に余裕がある場合には、少しずつ買い集めるという方法もありますが、あまり時間がない場合や、はじめて幹事を引き受けるという人が多い場合には、専門の業者に依頼するというのもひとつの手です。